1. ホーム
  2. 「おすすめ度別」教材一覧
  3. 微妙な教材
  4. ≫【微妙】総合評価B-教材

【微妙】総合評価B-教材

人を騙したり、不快にさせるほどではないけど、決められたルールに反した内容を推奨している。内容は悪くないけど、販売者の普段の活動に疑問を感じる。他にもっと良い教材が発売されて存在が微妙になってしまった。そんな教材の一覧です。

LUREA Plus

●おすすめ度:星25個(2.5)
●ジャンル:物販アフィリエイト
●対象者:アフィリエイト完全初心者
●公式ページ:3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA」 ルレア ~強力な11の稼ぐための仕組み×システム×テンプレート~

微妙ポイント1:サンプルサイトが自己責任て・・・。

教材自体は初心者向けにしっかりと解説がされていますが、サンプルサイトが法律に違反しています。それを購入者から指摘されても修正することもなく、「綺麗事では稼げない」「自己責任でやって」というスタンスを貫いています。

ショートレンジ編、ミドルレンジ編、ロングレンジ編、すべてのサンプルサイトに問題があります。それゆえ、私の「ポリシー上」微妙と言わざるを得ません。「違法行為をしないと稼げない」と言うのなら、ノウハウとして破綻していると思います。

特に、初心者向け教材でこういうことやると、何もわかっていない初心者は「教材に書いてあるから正しい」と思考停止で真似してしまい、結果として不正アフィリエイターを増やすことになりかねません。今後法改正でOKになる可能性もありますが、現時点ではNGです。
 
教材に書いていないことを自己責任の元でやるならその人の自由ですが、教材内で見本として推奨している以上、そういう教材をおすすめすることは私にはできませんでした。

微妙ポイント2:膨大な作業量が提示されている

LUREAでは参考値として、次のような「作業量と収益目標額」が提示されています。

ショートレンジ編
・1日10記事で月5000円~
・1日20記事で月1万円~
・1日30記事で月3万円~

ミドルレンジ編
・100ブログで月1万~3万円
・200ブログで月3万~5万円
・300ブログで月5万~10万円以上

ロングレンジ編
・開設後、3ヶ月間は100記事を目標にして、最終的に月20万円程度(参入ジャンルによっては月100万円以上も可能)

ご覧いただいてわかるように、LUREAは全編とおして「量」で勝負する教材です。1日10記事、100ブログ、3ヶ月で100記事・・・この膨大な作業量をこなせる人ならLUREAが向いているかもしれません。(私には耐え難い苦痛です。私は量で勝負するアフィリエイト手法はつまらない、飽きる、しんどいので挫折する派です)

たとえば、アンリミテッドアフィリエイトの場合は、月100万円稼ぐのに100記事も要りません。アンリミは記事数ではなくて、サイトの質(魅せ方)で勝負をします。販売力(成約率)の高いサイトになりますので、大量に記事を書いて大量にアクセスを集める必要がないのです。

実際の話、育児中でも自宅でできる仕事はアフィリエイトが最適説(月100万円達成の追記あり)でも成果報告をいただいていますが、月100万円に88記事で達成しています。一方、1サイト特化型のLUREAロングレンジ編は100記事書いてからが本番スタートです。この効率性の差を考えると、微妙と言わざるをえません。

ブログモ

●おすすめ度:星25個(2.5)
●ジャンル:楽天アフィリエイト
●対象者:アフィリエイト完全初心者
●公式ページ:副業アフィリエイト講座|1日2時間の無料ブログアフィリエイト【blogumo(ブログモ)】

微妙ポイント:大幅値上げと、他の同系統教材が発売された

発売開始当初はサポートなし9,800円、サポートあり14,800円で、及第点と言える教材でした。しかし、その後大幅に値上がりしてしまい、楽天アフィリエイト系の教材は「風花心伝rebirth」や「パワーアフィリエイト」(共に無期限サポート付き)がリリースされたこともあり、現在では微妙な教材になってしまいました。

一筆両断

●おすすめ度:星25個(2.5)
●ジャンル:コピーライティング
●対象者:アフィリエイト経験者、コピーライターを目指す人
●公式ページ:一筆両断〜Mr.Y Copywriting method〜

微妙ポイント:最近のMTSの活動内容に疑問

発売開始当初は及第点と言えるコピーライティング教材でおすすめできました。しかし、その後、販売者のMTS葉山さんが異常なペースで高額塾をプロデュースし始めたことに疑問を感じるようになりました。

また、一筆両断のアフィリエイト登録をしていると、高額塾のフロントとなる無料オファーの案内を頼んでもいないのにかなりの頻度で送り付けてきます。私は一筆両断をアフィリエイトするために登録しているのであって、無料オファーの情報など不要ですし、迷惑です。
 
なので、MTSからのメール受信を拒否設定にしました。一筆両断の今後の動向情報は私の元には入って来ません。以上の理由により、現在では微妙な教材になってしまいました。

※私の疑問を裏付けるかのように、販売会社のMTSは2015年11月に倒産しました。

超インパクトブランディングアフィリエイト術2

●おすすめ度:星25個(2.5)
●ジャンル:情報商材アフィリエイト
●対象者:アフィリエイト完全初心者
●公式ページ:「超インパクトブランディングアフィリエイト術2」 アフィリエイト初心者が稼げるようになるための教材。

微妙ポイント:アンリミテッドアフィリエイトがあれば不要

まだアンリミテッドアフィリエイトが発売されていない頃に前作をおすすめしていましたが、アンリミが発売された今ではお役御免といった感じです。また、大田さんの素行も昔とはだいぶ変わってしまったので、今ではおすすめする気になれなくなってしまいました。

大学生のころに、プラスドライバー時代の大田さんをオンバトで見ていた世代としては、最近の活動内容が残念です。

ネットビジネス大百科

●おすすめ度:星25個(2.5)
●ジャンル:情報起業
●対象者:販売者になって稼ぎたい人
●公式ページ:ネットビジネス大百科

微妙ポイント:本当に初心者が販売者デビューできるのか疑問

専門家とタイアップして商品を作り、販売者になって稼ぐ方法を解説した教材です(コピーライティング教材ではありません)。

発売された2007年当時は中身の薄い教材が高額で売られていたため、この圧倒的なコンテンツ量と良心価格のネットビジネス大百科は、情報商材業界に革命をもたらしました。しかし、今見ると不親切感、手抜き感が否めない内容になっています。
 
セールスレターの書き方を解説している木坂さんのパートは問題ありませんが、商品の開発・マーケティングを担当している和佐さんのパートがよろしくないです。メイン教材は実際に行われたセミナーコンテンツなのに、動画が用意されてなく、音声のみの提供なのは何なのでしょうか。当時はそれだけでも価値があったのかも知れませんが・・・。
 
また、「クソ初心者のためのアクションプラン」なるものも用意されていますが、初心者が音声コンテンツと、その書き起こし、大まかな流れを説明したアクションプランだけで、購入後のサポートもなく、迷わずに販売者デビューできるとは思えません。
 
例えば、「PPC広告やメルマガ広告でテスト販売をする」とありますが、実際にどうやって広告出稿するのか手順立てたマニュアルもありません。全くの初心者がこれをだけで実践するのは無理でしょう。唯一、図解しているのがmixiを使った専門家の探し方動画だけです。

専門家とタイアップして情報販売をするための教材なら、「なべっちプレミアム」のほうがはるかに具体的で、テキストは図解も豊富でわかりやすいです。売りっぱなしではなく、しっかりと購入後のサポートもしてくれますし、契約書ひな形など必要なものは全て揃っています。私はこの「なべっちプレミアム」を参考にして、JVによる情報販売をしました。

ですので、なべっちプレミアムをおすすめしたいところですが、一番のウリであったセールスレター添削が受けられなくなってしまいました。私はこれが一番の目当てで購入しましたので、今ではあまり強くおすすめできません。
 
ですが、ネットビジネス大百科よりもはるかに具体的かつ体系的で、親切で、わかりやすい内容なのは間違いありません。もし専門家とタイアップして情報販売を目指すなら、なべっちプレミアムのほうを軸にして実践することをおすすめします。(しかし、なべプレは2013年末で惜しまれつつ販売終了してしまいました・・・。)

また、販売者の和佐さんは、メルマガを解除しても、勝手に再登録(別のメルマガに登録)を繰り返すのもよろしくありません。特定電子メール法違反です。
 
最後にもう一度書いておきますが、ネットビジネス大百科は「専門家とタイアップ」して商品を作り、セールスレターを書いて販売する。という「JVによる情報販売を目指している人」のための教材です。アフィリエイター同士でタイアップするノウハウでもありません。教材本来の目的を果たして稼げる人がどれだけいるのかという視点で評価すると、微妙な教材と言わざるを得ません。

他の評価はこちら

総合評価c

総合評価b-

総合評価b

総合評価a

総合評価a+

トップページへ戻る:アフィリエイト初心者のための教材選定サイト

この記事、SNSでシェアしてみない?