Mr.Xから継承されたライティングテクニックがパワーアップして登場
継承プログラムの伊勢隆一郎さん&村上宗嗣さんのストーカーが放つ
シンプルで初心者でもスグに使える実践型コピーライティング教材

新・魔法のコピーライティングのレビューと特典案内

新・魔法のコピーライティングヘッド

残念なお知らせ

2016年2月9日いっぱいで、個別添削サービスが休止となりました。理由は「直接(有料で)指導して欲しい」というオファーが多くてなってきているからだそうです。販売者の岡村さんいわく「有料で濃密指導をするためには今の添削サービスの時間をけずるしかありません」とのことです。

また、2月10日から、「サイトプチリニューアル」「フォローメルマガのメンテナンス」のため、一時販売も休止となります。販売再開は「遅くても3月には」とのことです。

めしおブログを運営しているめしおです。このページでは、「新・魔法のコピーライティング」をめしおの独自視点でレビューしています。最後までじっくりとご覧ください。

作者・岡村元紀さんってどんな人?

岡村元紀

Mr.Xイズム最後の継承者。29歳になるまでセールスもマーケティングもコピーライティングも全く知らず、仕事もせずにパチンコだけで生計を立ていた元ニート。しかし、師匠である伊勢隆一郎さんとの出会いをきっかけに、コピーライターの道へと進むことになる。

伊勢さんと、伊勢さんのビジネスパートナーである村上むねつぐさん(元ヤ◯ザ。うさぎ好き)を「天才コピーライター」として一目置き、2年間に渡りストーキングを繰り返し、コピーライティングのノウハウを2人からみっちりと教わる。名前が「おかむらもとき」なので、「岡本さん」と略されることがある。

教材概要

■本編テキスト

 

■動画版・音声版

■添削動画

■極秘プレゼント
・仕組みづくり編(コンサル動画・音声・テキスト)
・伊勢隆一郎さん、村上むねつぐさんとのコピーライティング対談音声

新魔法のコピーライティング術は前作同様、非常にシンプルです。添削動画の画質が荒くて文字がよく見えなかったり、音声が音割れしていたり、音声の小さいファイルがあったりと、コピーライティングと関係ない部分のクオリティは低めです。

本編テキストは全116ページで15分もあれば読み終えてしまいます。ですが、最初に受け取れるテキストは「基本のひな形(38ページ)」のみで、それ以外のテキストには全てパスワードがかかっています。テキストで学んだ内容を元にして実際に文章を書いて、岡村さんに提出しないと次のコンテンツを受け取れないという実践型のコピーライティング教材です。

岡村さんいわく「日本のアフィリエイターさんの文章スキルが格段にあがると思っています」「現在もっているコピーライティングのノウハウをすべて出し切りました」という岡村さんの集大成的な教材となっています。

それでは教材本編について詳細に解説していきます。

基本のひな形

最初に8つの「基本の型」を学んでいきます。「書くネタが面白い」とか「つまらない」とか言われる以前の、文章の第一印象を整えるための8つの基本の型を解説しています。この基本の型はセールスマンのセールストークの部分ではなくて、服装、顔の表情などセールストークの中身「以外」の部分を指します。文章をパッと見た時の印象を整えるだけで、読み手の離脱を防いだり、反応を高めることに繋がるというものです。

ブランディングひな形

8つの基本の型をマスターしたら、文章の中身に入っていきます。読んでいる途中で退屈な文章にならないように、「物語」を取り入れた文章を書けるようになる3つのステップを解説しています。普段の文章に物語を取り入れるだけで、

・エンターテイメント性が高くなる(=読み物として面白い)
・疑いの心を持たれずに読み進めてもらえる
・記憶に残る

という強力な文章に変化します。また、読者に自分の物語を話すことで必然的に自分を売ることになり、差別化、ブランディングへと繋がります。

セールスひな形

かのMr.Xの400万円チェンマイセミナーで語られて以降、Mr.X系の人たちの定番となっている伝統のひな形がこの「セールスひな形」です。前作・旧魔法のコピーライティング術で核となっていた「人間の4つの心理」を元にして、商品の購入など相手に何か行動を取ってもらいたい時に使います。4つのステップごとにどのようなことを書けば良いのか、実際の文章を元に解説しています。

仕組みづくり編

岡村さんがモニターさんにマンツーマンでコンサルをして、結果が出るまでの様子を収録した動画・音声・テキストが、約3週間かけて全8回のメールで送られてきます。モニターさんが取り組んでいるアフィリエイト手法は、メルマガを使った情報商材アフィリエイトです。仕組みづくり編の主な内容は下記の通りです。

■実践1:地図&ルート作り
情報商材アフィリエイターや情報起業家が発信する甘い誘惑に負けて、ノウハウコレクターにならないように、ノウハウコレクターを卒業する方法を学びます。目標達成までの「地図」と「ルート」を作る3つのステップを解説しています。

■実践2:最強の共感物語テンプレート
相手のことを理解し、共感を得られる「自分のストーリー(自分史)」を語ったプロフィールを作り方を解説しています。Mr.X一門の間で継承されている「パーフェクト・ストーリーフォーミュラ・テンプレート」が紹介されています。

■実践3:逆算のマインドセット~点から線へ~
「実践1:地図&ルート作り」の補足的なパートです。アフィリエイトに限らず、あらゆるビジネスで成功する上で必須の「逆算のマインドセット」を学びます。目標を達成するためにはどういう作業が必要なのか、ブレない一本道を作るための「質問シート」に答えながら作業リストを作り上げます。

また、メルマガでのセールスを自動化させるステップメールの組み方や情報商材アフィリエイトに付ける特典の魅力をアップさせるテクニックも紹介されています。

■実践4:一撃で読者の心を掴む最強の無料レポート作り
・無料レポートのネタを仕入れるニーズ調査の方法
・ネタをオリジナルコンテンツに変えるアイデア増幅法
・ブランディングひな形とセールスひな形の融合テクニック

などを使って、ブログに訪問した人のメルマガ登録率をアップさせる無料レポートの作成方法を解説しています。

■実践5:無料レポート添削アドバイス
モニターさんの無料レポートを動画を使って添削しています。マニュアル・教科書的だった無料レポートを、ワクワクして最後まで読んでもらえるエンターテイメント性のある無料レポートに変える方法を解説しています。

■実践6:ステップメール1
ステップメールの流れ(シナリオ)の決め方の解説と、実際にモニターさんが1通目~3通目に送ったメールを岡村さんが添削をし、そのポイントを解説しています。

■実践7:ステップメール2
4通目~6通目に送ったメールのポイントを解説しています。コンテンツ記事からセールス記事に繋げるためのコンサル音声も付いてきます。

■ラスト:結果を出す人の最後の秘密
いよいよ、最後のセールス段階に入るのですが、「7通目にセールスをかけたが売れない」「8通目のメールのあとに返金要求のクレーム発生」というトラブルに見舞われます。それに対して、何が原因で、どのように対応したのかを解説しています。最後に、岡村さんのバックエンド商品の勧誘をして終了です。

【Check!】価格と内容のバランスは取れているか

いずれのひな形も非常にシンプルかつ、ページ数も少ないため、最近のボリューム感のある教材に慣れた人は「これだけ!?」と、あっけにとられる人も多いと思います。しかし、新・魔法のコピーライティングは読んだだけで疲れてしまうことのないよう「実践」に重きを置いています。読んだらすぐに実践に移せるようにシンプルに作られているのです。

3つのひな形を実践した文章を岡村さんに提出して、添削アドバイスを受けられることに何よりも価値があります。この添削アドバイスを含めると、価格以上の価値を感じるはずです。

【Check!】サポートはしっかりしているか

メールで質問をした場合は、原則48時間以内に返信があります。私がメールした際は、当日か翌日に返信があることがほとんどです。

文章を提出すると受けられる添削も、原則48時間以内にメールで個別に送られてきます。動画を使った添削ではなくて、文章のみでの添削です。添削を受けた文章は、購入者通信などで事例として紹介されることがありますが、名前は匿名にすることも可能ですので、恥ずかしい思いはしません。

基本的に、過去に自分が書いた記事をひな形に沿って直して提出しますので、アンリミテッドアフィリエイトなどの軸となる教材をすでに実践していると、添削の提出もスムーズにいきます。

【Check!】おかしな煽り販売をしていないか

Mr.X派閥のコピーライティングの特徴として、具体的に打ち出している「数字に根拠がない」というものがあります。過去に販売されたMr.X派閥の商品のセールスレターほぼ全てそうです。

今回の新・魔法のコピーライティングも同様で教材リリース当初は「月20万円稼ぐために必要なライティング技術」と称していましたが、「月20万円」という数字の根拠が不明でした。ですが、2014年6月に販売ページがリニューアルされてからは、根拠のない数字を使った煽りはなくなりました。なお、あえてツッコミを入れるなら、

プロ顔負けの文章が素人でも12日間で全て習得できるのか?

これは、12日間で「3つの雛形」がすべて習得できるという意味で、それが「プロ顔負け」かどうかは別の話です。

デメリット

  • ひな形を元に実践した文章を提出しないと、次のコンテンツを受け取れない
  • どのひな形もシンプルすぎるため、あっという間に読み終わってしまう
  • 購入後にセミナーの勧誘が頻繁にあるので、冷静な判断力が必要となる

こんな人にはおすすめできません

  • 教材を段階を踏んで手にするのではなく、全てのノウハウを一気に読みたい人
  • 実践に重きを置いている教材なのに、教材ボリュームが少ないと文句を言う人
  • 読者を扇動したり、不安にさせて商品を買わせるゲスいライティングを学びたい人

メリット

  • 実践型の教材なので「読んだだけで実践しなかった」ということが起きない
  • わかりやすい文章、おもしろい文章、行動させる文章を順を追って身につけられる
  • 本当に正しく身についたかどうか、岡村さん直々に添削指導をしてもらえる

こんな人におすすめです

  • アフィリエイターがスグに使える実践的なライティング教材を探している人
  • 読者さんから「わかりやすい」「面白い」というメールをもらったことがない人
  • 今まで自分の文章を誰かに客観的に添削してもらったことがない人

よくある質問

「魔法の」と付くくらいですから、何かすごいライティングテクニックが解説されているのでよね?

いいえ。「すごいライティングテクニック」とは具体的にどのようなものを想定しているのかわかりませんが、新・魔法のコピーライティングは「ライティングの型を覚えて、書いて、身に付ける」ための教材です。初心者でもシンプルですぐに実践できるテクニックです。小難しくて難解なテクニックや煽りテクニックは何も解説されていません。

物販メインのサイトアフィリエイターでも使えますか?

はい。使えます。というのは、サイトアフィリエイト「市川塾」のセミナーDVDで、人気サイトの作り方を解説しているパートがあるのですが、そこで「ライティングの重要性」を力説しています。

市川塾のDVD画像だよ
市川さんは「人を引き込む文章の必須項目」を2つ挙げているのですが、新・魔法のコピーライティングの「基本のひな形」「ブランディングひな形」、この2つが当てはまっています。もちろん表現のニュアンスや事例は違いますが、伝えたい本質部分は同じです。
 
なので、添削事例には情報商材アフィリエイターの記事が使われていますが、「サイトアフィリエイター」や「人気サイトを作りたい人」にも新・魔法のコピーライティングはオススメです。

文章を書くのが苦手で、いざブログやメルマガ記事を書こうとすると、何を書けば良いのかわからず手が止まってしまいます。そんな私の悩みは解消できますか?

いいえ。コピーライティング教材の最終目的は「ユーザーを行動させる(=成約率を高める)にはどうすれば良いのか」を学ぶものです。「普段何を書けばよいのかわからない」というのは、コピーライティング教材で解消するものではありません。

「ブログやメルマガに何を書けば良いのか」というのは、アンリミテッドアフィリエイトなどの軸となる教材で学んでください。ステップメールのシナリオ構築は「仕組みづくり編」で解説はありますが、悪魔のステップメールで学ぶことをおすすめします。サイトアフィリエイトの場合はアフィリエイトファクトリーです。

新・魔法のコピーライティングは、それらの教材を元にして書く記事の見た目や伝わりやすさを整えたり、エンターテイメント性を演出したり、成約率を高めるために使う教材です。

他の人のレビューで「抽象的な部分が多くて、本質的なことは学べない」と書かれていたのですが、本当でしょうか?

他の人のレビュー内容は知りませんが、本当にそう書いてあったとしたら意味不明ですね。まず、日本語がおかしいです。「抽象的」の対義語は「具体的」です。「本質的」の対義語は「末梢的」です。これらを対にして書かないといけないのに、支離滅裂です。

魔法のコピーの内容は、記事の雛形はもちろん、実際にどんな文章を書けば良いのか例文が用意されています。この例文は、実際に魔法のコピー購入者さんが書いた文章です。さらに、その実文のビフォアアフター(添削前と添削後)の文章まで用意されていますので、超「具体的」に学ぶことができます。

そして、コピーライティングの本質とは、「読み手を行動させること」です。これはセールスひな形の内容そのものであり、これを見て「本質的なことが学べない」と言ってる人がいるとしたら、その人にコピーライティングの本質とは何か聞いてみてください。

めしおさんの文章がわかりやすいのですが、魔法のコピーライティングを学べば、私もそのような文章を書けるようになりますか?

魔法のコピーライティングで学ぶ要素も使ってはいますが、私の文章のベースになっているのは「ライティングマスタークラス」(2013年末で販売終了)という教材です。読みやすく、わかりやすく、論理的で伝わりやすい文章が書けるようになります。魔法のコピーはテクニック的な要素が強いですが、ライティングマスタークラスは日本語文法の根幹部分を習得できます。

物語形式(セリフ型)の文章が「読まれやすくてSEOにも強い」と聞いたのですが、新・魔法のコピーライティングで学べますか?

セリフ型のストーリーテリング習得目的でしたら、本編ではなくて私の特典の「物語コピーライティングの法則」のほうが役立ちます。詳しくは特典欄をご確認ください。

「ひな形」ということは、文字を入れ替えるだけで使えるようなテンプレートがもらえるのでしょうか?

いいえ。契約書の雛形のような一部分を変えただけで、そのまま使えるようなモノは配布されません。文章は当然ながら自分でゼロから書き上げます。ひな型で文章の「流れ」「順番」がステップ立てて提示されていますので、その順番通りに書いていく。というモノになります。

総合評価:星4個(4.0)

「読みやすくて、面白くて、売上にも繋がる文章を書けるようになりたい」
「ライティング教材というと、海外の手法の受け売りばかりで使いにくかった」
そんな人におすすめなのが「新・魔法のコピーライティング」です。

読みにくい独りよがりの文章から「読みやすい文章」への転換を図り、面白く読み進めてしまう「エンターテイメント性のある記事」の書き方を知り、最後に「行動」を起こしてもらうまでの一連の流れを習得できます。

文章の書き方のひな形というと、セールスレターに使われる「PASONA」「QUEST」「AIDMA」などが有名ですが、英語の頭文字を取ってきているため、日本人には使いにくいのが欠点です。しかし、新・魔法のコピーライティングはそういった英語は出てきません。日本人が覚えやすく実践しやすいひな形で解説していますので、コピーライティング初心者の人でも取り組みやすいのが特徴です。

さらに、旧作では別冊の特典扱いだった「文章の書き方の基本」部分や、物語ライティングもメインコンテンツに盛り込み、具体例も豊富になり、岡村さんの添削指導まで付いて大幅にパワーアップしたのが、今回の「新」魔法のコピーライティング術となります。読者を煽ったり、不安にさせるライティングテクニックではなく、「納得・共感型」のライティングですので、クリーンな印象の文章が書けるようになります。

実際に何をするのかというと、まずは文章の8つの「基本の型」で文章の見た目を整える技法を学びます。学んだあとはその通りに文章を書いて岡村さんに提出すると、次のコンテンツ「ブランディングひな形」のPASSと、添削された文章が届きます。

ブランディングひな形でエンターテイメント性のある文章の書き方を学び、同じように文章を提出して、最後に「セールスひな形」を受け取ります。セールスひな形は、前作の肝である「人間の4つ学習システム」を元に、疑問を感じさせることなく、読み手にスムーズに行動を促す文章の流れを習得します。

「学習→実践→添削」の繰り返しでステップアップしていきますので、一つずつ着実にテクニック(ひな形)を身につけることができます。

読みやすく、読み手を飽きさせない文章を書けるようになって、最後は煽ったり、不安にさせることなく自然と行動を促す記事を書けるようになり、アフィリエイターとしての文章力、ブランド力、成約率を高めたい人に、「新・魔法のコピーライティング」の購入をおすすめします。

教材本編と親和性の高いめしお特典のご案内

当ブログ経由で「新・魔法のコピーライティング」を購入された方には、下記の特典をお付けします。ライティングに特化した特典のみご用意しています。

■特典1:新・魔法のコピーライティング補足マニュアル【めしお式】


新・魔法のコピーライティングは、シンプルで初心者でもすぐに実践に使えるのが最大の特徴ですが、逆にシンプルすぎて説明が不足している部分が若干見受けられます。そこを私なりの視点で補足したマニュアルです。

■1章:スマホ時代に基本のひな形をブログ・サイトで使う場合の注意点
基本のひな形の中には、メルマガでの書き方が前提になっている項目があります。そのため、これをブログやサイト上でそのまま使うと不自然になることがあります。特にスマホが普及した今は、一昔前のWEBライティングとは異なる注意点が必要ですので、そこを補足しておきました。また、実際に私の書いた記事を元に、どのような見た目になるのかも解説しています。

■2章:サイトアフィリエイトの実践に活用する際のポイント
教材内では添削事例が紹介されていますが、いずれも情報商材アフィリエイターの事例です。ですが、魔法のコピーライティングのひな形は、サイトアフィリエイトの市川塾とも共通する部分があります。そこで、サイトアフィリエイターの場合は、特に教材のどの部分を参考にすると良いのか、市川塾1期生の私が補足しておきました。

■3章:「めしお流」セールスひな形の使い方
教材テキストで解説されている「セールスひな形」の実例は、シンプルで直球でわかりやすいのですが、添削動画のセールスひな形の事例がわかりにくいのです。モニターさんの元の文章がアレなのか、私個人的には「セールスの場面でそんなにダラダラと書く必要ないのでは?」と思ってしまいました。
 
私はセールスひな形をめしおブログで現在進行形で使いまくっていますが、ブログの導線を考えてもっとシンプルでストレートに使っています。そこで、私がセールスひな形をどの場面でどのように使っているのか、普通の文章とセールスひな形の切り分け方、つなげ方など、めしおブログで使われている実例を挙げて解説しておきました。

■4章:パーフェクト・ストーリーフォーミュラテンプレート【完全版】
「仕組みづくり編」の実践2で、「自分のストーリー(自分史)」を作りますが、これはMr.X 一門の間で代々継承されてきた「パーフェクト・ストーリーフォーミュラテンプレート」のSTEP に沿って作っていきます。

しかし、教材内ではSTEPを紹介しているだけで、具体的な書き方のポイントがごっそり省略されています。「パーフェクト」ストーリーフォーミュラがパーフェクトではなかったので、省略部分を補足した「完全版」レポートを作成しました。感情に働きかけをしていますので、かなり強力な自分史(プロフィール)が完成します。(強力すぎるため、私は使っていません。悪用厳禁でお願いします。)


■特典2:ブランディングひな形の補足教材「物語コピーライティングの法則」


「物語ライティング」のスキルを身に付ける方法を、岡村元紀さんが解説したテキストです。
 
新・魔法のコピーライティング本編でも「ブランディングひな形」のパートで物語を盛り込む手法を解説していますが、自分のブランディングを高めるタイプの物語です。

一方、この特典で解説している物語ライティングは、自分以外の人物を登場させて、会話調に展開していく手法です。「演劇セリフ」「対話セリフ」「現実セリフ」という3タイプのセリフを知り、教材本編には未収録の「会話型」のストーリーテリングを書けるようになります。


■特典3:参加費5万円の某コピーライティングセミナーのまとめ

去る2010年の2月に2日間に渡って開催された岡村元紀さんとも縁の深い「某コピーライティングセミナー(参加費5万円)」の中から「コピーの原理原則」を中心にまとめたレポートです。
 
■内容
・1日30分でコピーのエキスパートになる方法
・セールスが嫌いであるはずのお客さんの感情を動かす方法
・Googleの「ある機能」を使って、反応の取れるキャッチコピーを入手する方法
・「フュージョン(融合)」を使ったコピーの書き方
・感情に訴える「トリガー」の見つけ方と使い方
・「通販生活」「ラブコスメ」で感情を動かすコピーを作るコツ
 
などなど。(セミナー主催者に「特典にして配布して良い」との許可を得ています)


■特典4:一瀬翔さんライティングセミナー動画(約80分・レジュメ付き)


 
某アフィリエイト教材の購入者限定で開かれた「ライティングに特化したセミナー」の動画です。
 
・文章でモノを売る方法
・「記事が書けない」を解決する方法
・記事を「読ませる」テクニック
・ビジュアライズ 
・自分の世界観の演出方法
 
などを、「インフォ業界のタッキー」こと一瀬翔さん(イケメン)が解説しています。私が作成したオリジナルレジュメも一緒にお付けしておきます。


■特典5:めしおのメールサポート&購入者専用メルマガの配信

 
「新・魔法のコピーライティングを実践してみたけど、稼げない」「何度読んでもよくわからず、記事が書けない」ということがあれば、お気軽にメールしてください。販売者ではありませんので、完全サポートをお約束することはできませんが、私のわかることであれば、随時サポート・アドバイスしていきます。また、一般非公開の購入者専用メルマガも不定期ですが、お届けしていきます。

悲報:取り扱い終了のお知らせ

2016年5月22日に下記のメールが岡村さんから届いたため、めしおブログでの取り扱いを終了しました!

正直に伝えますが『新魔法のコピーライティング』を12700円で販売するのは今回が最後になります。そして『新魔法のコピーライティング(Ver.up版)』は“2倍以上の大幅な値上げ”になります。

元々、私は「旧・魔法のコピーライティング(正式名称:魔法のコピーライティング術)」を4,980円で購入しています。旧魔法の内容は、新魔法の「セールスひな形」に特化したシンプルなものでした。私はこのセールスひな形を、今もなおバリバリ活用しています。

このセールスひな形は、よくある海外のコピーライティングノウハウの焼き直しとは違って、読み手を煽ることのないクロージング手法で気にっています。手頃な価格でそれが学べるならとおすすめしていました。

その後、「魔法のコピーライティング術」が販売終了となり、価格も値上げされたのち、「新・魔法のコピーライティング」になって再販売となりました。価格は値上げされましたが、岡村さんの添削サービスが付いたこと、新たなノウハウも追加されたことから引き続きおすすめしていました。

ところが、2016年2月で岡村さんの添削サービスが終了しました。さらに、今度は価格が2倍以上になると言うのです。どんなノウハウが追加されるのか知りませんが、私がおすすめしているのは「セールスひな形」です。これが手軽に学べるからおすすめしていたのですが、25,000円以上になってしまっては初心者の人に補強教材としておすすめしにくいです・・・。

また私自身、めしおブログにはもう力を入れていないため、再度新しくなった魔法のコピーライティングをレビューする気も起きません。よって、このタイミングで新・魔法のコピーライティングの取り扱いを終了することにしました。

今はコピーライティングというより、文章力を引き上げるための一般書籍がたくさん販売されています。私も何十冊と購入していますので、今後はおすすめの書籍をアンリミの補強教材として、アンリミ裏ノウハウで紹介していく予定です。