アフィリエイト教材のレビューブログ - めしおブログ
ブログ内検索:

「風花心伝Rebirth」と「LUREA(ルレア)」
ほぼ同時期に発売された物販系ブログアフィリエイト教材ですが、
両方の中身を確認してみた感想を書いておきます。

風花心伝RebirthとRUREA

「風花心伝Rebirth」とは?

風花心伝Rebirth」は、2008年7月に発売された
ブログアフィリエイト教材「風花心伝」のリメイク版かつ、
風花シリーズの集大成となる教材です。

私は風花心伝は購入していないのですが、
その続編の「風花乱舞」を2008年の11月に購入しています。
内容はエンタメ系(芸能ネタ)記事を投稿して、
楽天アフィリエイトやアドセンスで稼ぐというものでした。

風花心伝や風花乱舞は
「好きなことを書いて稼ぐ」というウリだったのですが、
実際は「芸能ネタブログで稼ぐ」ノウハウでした。

ジャンルが指定されているため、
芸能ネタに興味のない人にとっては苦痛を感じる人も結構いたと聞いています。

そんな風花心伝は2010年12月に販売を終了し、
作者の高田康孝さんはこの2年間を「風花塾」という
塾の運営に力を注いでいました。

しかし、この2年で「風花心伝」を知らない人が増えてきたこと、
そして、多くの人から再販売の要望があったことから、
「風花心伝Rebirth」としてリメイクされることとなりました。

3Mブログアフィリエイト教材「LUREA」とは?

3Mブログサイトアフィリエイト教材「LUREA」は、

・イケメン帽子アフィリエイターMOTOさん
・インフォ業界のアイドル・アベマユさんを手玉に取る未来派野郎hiroさん
・賢威があればごはん3杯食べられるマメボーさん

という異色の3名によるコラボ教材です。
3名のハンドルネームの頭文字を取って「3M」だそうで、
日頃の行ないが悪いMesioがハブられているのは内緒です。

ちなみに、「3M」って商標登録されているはずですが、
商品名に使って大丈夫なのかが気になります。
住友スリーエムに類似商品は存在しないので大丈夫なのかも知れません。

さて、この「LUREA」に関しては、
販売前から商品名は一切出さないという緘口令が敷かれ、
俗に言う「お祭り」のお膳立てがされていました。
かつての「パワーアフィリエイト」のお祭りが思い起こされます。

あの時も大ボリュームの初心者対応の
物販アフィリエイト教材が発売されるということで、
連日プチ・プロダクトローンチが各所で行われていました。

今回もメルマガアフィリエイターさんたちが大絶賛してましたので、
どんだけすごいのかとハードル上がりまくりの教材です。

「LUREA」のブログは量産型+育成型

おそらく「風花心伝Rebirth」よりも「LUREA」のほうが
興味ある人が多いと思いますのでLUREAから先にレビューします。

ざっくり言うと、サイトアフィリエイトというより、
ブログアフィリエイト色が強いです。
HTMLサイトは一部分に取り入れていくイメージです。

  • ショートレンジブログ戦略
  • ミドルレンジブログ戦略
  • ロングレンジサイト戦略

という3段階でステップアップしていく構成で、
最後のロングレンジも「サイト」と名付けていますが、
使用するのはHTMLサイトではなく、ブログ(WordPress)です。

まず、ショートレンジブログ戦略は、
購買意欲の高い今すぐ客をターゲットにして、
簡易的な記事をひたすら量産して稼ぐ手法です。

実践の目安は、1日10記事~30記事を更新して
目標報酬額は5,000円~3万円以上というものです。

次に、ミドルレンジブログ戦略は
1商品に対して1つのブログを量産していきます。
実践の目安は、訪問者の役に立つブログを100~300個量産して
目標報酬額は月1万円~10万円以上です。

私は中身の薄い記事やブログを量産するのが嫌いなので、
この2つのやり方は微妙です。
「100ブログとかどんだけぇ~」って感じです。

ただ、LUREAの目的はこれら2つで稼ぐことではなく、
ショートレンジブログ戦略111ページには次のように書かれています。

あくまで、ロングレンジサイト戦略で安定して収益を20万、30万と稼いでもらうことが当教材の目的

では、そのロングレンジサイト戦略とは何かと言うと、
1テーマに特化した情報提供&レビュー型のブログを運営するという、
こちらは私の好きなタイプのアフィリエイト手法です。

「アンリミテッドアフィリエイトの物販バージョン」
みたいな印象を受けました。
鈴木謙一さんのSEOセミナーで見たことのあるような
データや表現、テクニックも紹介されています。

「風花心伝Rebirth」はトリプル・ワン・スタイル

続いて、風花心伝Rebirthのレビューです。
風花心伝Rebirthの内容を一言で言うと、
アフィリエイト教材というより、「プロブロガー養成教材」という感じです。

ブログ1つを「自分メディア」として育てていくので、
量産は一切しません。外注も雇いません。
無味乾燥で機械的なつまらない作業もしません。

1人のブロガーが、1つのブログで、1つの信念のもとに
成果を上げる「トリプル・ワン・スタイル」を提唱しています。
「LUREA」の肝であるロングレンジサイトを
最初から作っていくイメージです。

私はアフィリエイターとしてガツガツ稼ぐよりも、
「ブロガー」として情報提供するスタイルに
密かに憧れを持っています。

ホームページを作る人のネタ帳yamadaさんのセミナーに参加したり、
プロブロガー本を購入したり、
ネタフルのコグレさんにエゴサーチされたりしています。

そういう興味関心もあって、テクニック集の本ではなくて、
「ゼロからプロブロガーになるための教材があったらいいのに」
と思っていたので、「ついに登場したか」という印象です。

系統としては「パワーアフィリエイト」や、
Facebookマーケティング倶楽部」と同系統なのですが、
風花心伝Rebirthのほうがよりプロブロガー向けです。

自分メディアであるブログを使って、
ビジネスの基盤となるベースキャンプを作って
そこから色々なビジネス展開をしていくことが可能です。

もちろん、元祖・風花心伝のように
自分を出さないエンタメ系ブログ戦略も紹介されています。

ただ、今作「風花心伝Rebirth」のウリは、
9つの新手法でブログを通じて個としての「自分」を育成していき、
自分自身を軸としたビジネスを組み立てることができる。
という点にあると思います。

で、「LUREA」と「風花心伝Rebirth」どっちがおすすめなの?

どちらもよく作り込まれた教材なので、
自分に合うほうを選択するのが良いと思います。
私は1つのブログで自分ブランドを確立していく
「風花心伝Rebirth」のほうが好きです。

ですが、報酬が早く上がるのはLUREAだと思います。
特に、ショートレンジ編は「やれば稼げる」という類の手法です。
報酬額もLUREAのほうが大きくなるはずです。
風花心伝Rebirthは頑張っても月20~30万円が限界だと思います。

ただ、風花心伝Rebirthは
アフィリエイトで稼ぐのは一つの選択肢に過ぎません。
様々なビジネスに発展させられる「マルチチャネル型ブログ」
「ユーティリティブログ」を作ることができます。

「アフィリエイター」として稼ぐよりも、
「プロブロガー」として稼ぎたい人向けです。

一方で、物販アフィリエイトをゼロから始めたい人には、

アンリミテッドアフィリエイトでWEBの基礎知識・スキルの習得
・特典の「シンプルショッピングアフィリエイト」の活用

から始めて、そのあとに
アフィリエイトファクトリー」「LFM-TV
というステップアップをこれまで私は推奨してきました。

しかし、ブログサイトアフィリエイト「しか」やらない人は、
アンリミテッドアフィリエイトのメルマガノウハウは不要なので、
LUREAからスタートしたほうがスムーズかも知れません。

また、初心者でない人は、
「アフィリエイトファクトリー」や「LFM-TV」との違いも
理解した上で購入する必要があると思います。

他には、特典の「ウエポンサイト」は、
宮武さんの同種ツール「パワーリンカー」と何が違うのか。
付属のWordPressテンプレート「リファイン」と、
他のWordPressテンプレートとの違いは何か。

・・・など、検証すべきことは多々あります。
なので、「LUREA」と「風花心伝Rebirth」に関しては、
今月中の正式レビュー完成を目標に進めたいと思います。

現段階で言えるのは、
どちらも未だかつて誰も考えも付かなかった画期的なノウハウ!
・・・という類のものではありません。王道系です。
私の正式レビューが気になる人は今しばらくお待ちください。

●本日のまとめ
話題のブログアフィリエイト教材「風花心伝Rebirth」と「LUREA」は、
情報提供型のブログを作り、収益化するというゴールは同じだが、
そこに辿りつくまでの過程や、その後のビジネスの広がりに違いがある。


※2012年11月22日追記:風花心伝Rebirthの正式レビュー完成しました。
風花心伝Rebirthのレビューの正式レビューはこちらです。

※2012年11月30日追記:LUREAの正式レビューについて。

「LUREA」ですが、私はアフィリエイトしないという結論に達しました。
アフィリエイトを断念した理由は結構たくさんあるのですが、
それを書いてしまうと色々と問題になりそうなので、記事にするのはやめておきます。
「こんな教材稼げない!」とかではなくて、私の個人的な紹介ポリシー上の問題です。

ただ、LUREAのロングレンジサイト戦略は、
アンリミテッドアフィリエイトの物販バージョンのような感じで、
私はこのやり方は好きです。

ですので、LUREAを買いたくてどうしても我慢できないという人は、
アンリミ作者のケンコバさんから買ってください。
私が言いたいことも特典(LUREA取扱説明書)でフォローしているっぽいです。

結局、初心者の人が物販サイトアフィリエイトを学ぶなら、

アンリミテッドアフィリエイト
(シンプルショッピングアフィリエイト&さゆり塾長の音声特典付き)

アフィリエイトファクトリー

LFM-TV

という鉄板の流れで学んでいくことを今後も私はおすすめしていきます。
スタートがアンリミテッドアフィリエイトか、LUREAかの違いです。

ウエポンサイトやWordPressテンプレートなど、
色々と書きたいことはあったのですが、穏便にいきたいので控えておきます。
ということで、これが私のLUREAの正式レビューとなりました。

この記事へののコメント

  1. UNLIMITED CLUBのほうで、めしおプレスの制限版がLUREAの特典としてありますね。
    めしおさんの記事だと、rebrithのほうが気に入っているようですが、LUREAも結構評価高いみたいですね。

    • miwaさん

      コメントありがとうございます。
      私は量産が嫌いなので、風花心伝Rebirthのほうが好きです(╹◡╹)

  2. こんにちは。

    人気ブログランキングから来ました。

    2つの比較がよくわかりました☆

    めしおさんおアバターは某クイズTVの●●教育委員会に
    出てきそうで、インパクトありますね☆

    また、お邪魔します!

    応援ポチっ

    • むらかみさん

      コメントありがとうございます。
      アバターがインパクトあると言われたのは初めてです(╹◡╹)

  3. アフィリ息子

    どうも。アフィリ息子です。
    風花心伝実践していたものからすると中身がかわってるということもあり
    確かに稼げてた風花心伝のイメージがさらにいくんじゃないかと思ってましたけど
    検索エンジンの変動ひとつで稼ぎの変動も変わる世の中なので
    僕自身としてはブログ1つに頼るのはリスクがあると思います。

    どうせなら複数からナチュラルリンクをもらえるようなブログを
    自分で作ってしまえれる人であるなら商材不要で稼げそうですね。

    比較参考になりました。

    • アフィリ息子さん
      コメントありがとうございます。

      >検索エンジンの変動ひとつで稼ぎの変動も変わる世の中なので
      >僕自身としてはブログ1つに頼るのはリスクがあると思います。

      風花心伝をお持ちでしたらお分かりだと思うのですが、
      検索エンジンは「アクセスの4大水路」の一つに過ぎません。
      風花心伝Rebirthからはさらに一つ加わって「5大水路」になっていますので、
      検索エンジンの変動ひとつで騒ぐようなことにはならないです。

      そもそも、風花心伝Rebirthのやり方が検索エンジンの変動に引っ掛かるとなると、
      検索エンジンで集客する仕組みが崩壊してしまいますので、
      ブログを何個作っても意味がないと思います。

      検索エンジン以外の残りの4大水路の流入に重点を置くか、
      メルマガの導入が必要になるでしょうね。

  4. LUREA…柔軟剤かと思ってしまいました。

    王道系なら慌てる必要もなさそうですね。
    正式レビューを心待ちにしております。

    • 大場さん

      コメントありがとうございます。

      >LUREA…柔軟剤かと思ってしまいました。

      それはフレアでは?笑
      私は「LUREA」が「LUNASEA」に見えて仕方がないです。

コメントを書く


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

めしおブログ売れ筋教材ランキング

  1. アフィリエイトファクトリー

    物販系サイトアフィリエイトのロングセラー鉄板教材。アフィリエイト経験者向け。

  2. アンリミテッドアフィリエイト

    取り寄せ型レビューアフィリエイトの鉄板教材。これからアフィリエイトを始める人向け。

  3. 信頼と実績のSEO「賢威6.2」

    ホワイトハットSEOの鉄板教材。検索エンジン経由の集客力を引き上げたい人向け。