アフィリエイト教材のレビューブログ - めしおブログ
ブログ内検索:

賢威6.2の特典付きレビュー完成しました。

公開日: 更新日:

年内の完成を宣言していた「賢威6.2」のレビューと特典が最終日ギリギリに完成しました。SEOの種類と松尾茂起さんのポジションを踏まえてご紹介しておきます。

賢威6.2

情報商材屋から見た4つのSEOの定義

賢威6.2の販売者・松尾茂起さんは「コンテンツ型SEO」というSEOを推奨しています。

非常に似た用語で「コンテンツSEO」という用語がありますが、「コンテンツ型SEO」と「コンテンツSEO」は対局に位置する手法です。どちらもSEO屋さんが考えた造語なので、正式な定義があるわけではないのですが、SEOの種類と定義について私が認識している範囲で書いてみます。

●1 コンテンツSEO
ロングテールキーワードでコンテンツを豊富に作り込み、細かなアクセスをかき集める手法。キーワードマーケティング研究所の滝井秀典さんと、セルフデザインホールディングスの古澤暢央さんとの対談音声内で初めて世に出た言葉。その後、海外SEO・鈴木謙一さんが開催したコンテンツSEOセミナーをきっかけに認知度が高まった。

自作自演リンクに気が進まない人、自然リンクが集まるようなコンテンツを作れない人向け。外部リンクの構築は一切考えないSEOで、通称「SEOしないSEO」と呼ばれている。

●2 コンテンツ型SEO
ソーシャルメディア上で口コミされるような人気コンテンツを作り、ソーシャルメディア経由で外部リンクを獲得して上位表示を狙う手法。WEBライダー松尾茂起さん主催のワークショップ型セミナー募集ページで、初めて世に出た言葉。

自作自演リンクに気が進まない人、人に口コミされるような人気コンテンツを作ることにやりがいを感じる人向け。黙々とコンテンツを作り続けるコンテンツSEOとは違い、人がリンク(保存・紹介)したくなる人間心理を理解しながら、ソーシャルメディア上で人と交流を図りながら取り組むSEO。通称「ソーシャルSEO」とも呼ばれている。

●3 ホワイトハットSEO
Google先生やマット・カッツ先生の発信する最新SEO情報に忠実に従い、スパム判定に怯えることのない堅実なコンテンツ作りに専念する手法。「コンテンツSEO」「コンテンツ型SEO」はホワイトハットSEO手法の一つ。

クリーンで優等生的なSEOスタイルだが、実際にホワイトハットSEOで上位表示した事例が公開されることはないに等しく、サイトアフィリエイターから「机上の空論」「綺麗事」と批判されることも多い。通称「企業サイト向けSEO」とも呼ばれている。

●4 ブラックハットSEO
Google先生やマット・カッツ先生をいかに欺き、巧妙に騙すかを考え、現在通用する最短・最速で上位表示する手法を取り入れる手法。合理的な理由のない自作自演リンクや有料リンクが該当する。

Google先生にみつかって制裁を食らっても、「また新しいサイトを作ればいい」というスクラップ&ビルド的な考え方には批判の声も多い。しかし、稼いでいるサイトアフィリエイターのほとんどが取り入れているという点では、邪道ではなく王道手法とも言えなくもない。通称「破壊的SEO」とも呼ばれている。

※上記の定義はSEO業者でもなく、サイトアフィリエイターでもない、情報商材屋の私が感じている個人的なSEOの定義です。定義には個人差があります。

賢威6.2販売者・松尾さんはどの立ち位置にいるのか?

以上の定義を踏まえた上で、賢威6.2の松尾茂起さんはどの立ち位置にいるのか、分類マップにしてみると下記の位置にいると思います。

SEOマップ

赤丸の「松」が松尾さんです。
それ以外の青丸は、SEO屋さんやサイトアフィリ屋さんが普段発信している情報を元に、私が感じたままに独断と偏見で勝手に分類しています。誰のことを指しているのか等、詳しいことは控えさせていただきます。

松尾さんのコンテンツ型SEOは、

「ソーシャルメディアを使って働きかけをしている時点で、『自然』ではないからホワイトではない。今後、ソーシャル経由のリンクがスパム扱いされる可能性もゼロではない。」

という意見もあるようですが、私はホワイトハットと位置づけました。自作自演リンクではなくて、人間心理とソーシャルメディアを活用してリンクを貼ってもらう方法を、体系的にまとめてノウハウとして世に出している人は、私は松尾さん以外知りません。

また、外的SEOだけでなく、内的SEOについてもここまで細かく解説している教材は、私は賢威6.2がズバ抜けていると感じています。

実際、アンリミテッドアフィリエイトにも、アフィリエイトファクトリーにも、LFM-TVにも収録されていない内容が賢威6.2のSEOマニュアルには収録されています。「アフィリエイト教材」と「SEO教材」との違いが明確に出ています。

ということで、他のアフィリエイト教材では学べない深いSEOの知識を身につけるなら、賢威6.2はうってつけのSEO教材です。下記に詳細レビューと特典について書きましたので、ご覧ください。

他のアフィリエイト教材には書いていないレベルのSEOスキルを習得できるSEO教材
SEOマニュアル&テンプレート「賢威6.2」の詳細レビューと特典はこちら

この記事へののコメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを書く


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

めしおブログ売れ筋教材ランキング

  1. アフィリエイトファクトリー

    物販系サイトアフィリエイトのロングセラー鉄板教材。アフィリエイト経験者向け。

  2. アンリミテッドアフィリエイト

    取り寄せ型レビューアフィリエイトの鉄板教材。これからアフィリエイトを始める人向け。

  3. 信頼と実績のSEO「賢威6.2」

    ホワイトハットSEOの鉄板教材。検索エンジン経由の集客力を引き上げたい人向け。