アフィリエイト教材のレビューブログ - めしおブログ
ブログ内検索:

株式会社バロー・杉山健一さんという人が販売している「YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム(Youtube-Ads Capture Sheet CLUB)」という教材についてレビュー依頼が来ましたので、率直に感じたことを書いておきます。(特典はありません)

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムって何?

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム(Youtube-Ads Capture Sheet CLUB)は、その名の通りYouTubeアドセンス(動画広告)で稼ぐための教材です。

集客媒体にYouTubeを利用して、リスト取りをして、ステップメールを走らせて、結局はアフィリエイトをするといったものではなくて、純粋にYouTubeアドセンスで稼ぐノウハウです。販売者は杉山健一さん。どんな人なのか全く存じ上げません。

教材の中身ですが、全2章という非常にシンプルな構成です。第一章はYouTubeアドセンスやムービーメーカーの基本解説と、「パソコン特化型動画制作事例」の解説です。映像を撮影するのではなく、パソコン上で動画を作成して公開する。というノウハウです。いわゆる「トレンドニュース動画」を作ります。

話題のニュース関連のキーワードでYouTubeで検索するとわんさか出てくる、アクセス集めだけのスパムにしか見えないあの例の動画の一種です。他人が書いたコンテンツを拝借してきてスライドショーにして流すだけの簡単なお仕事です。

第二章は実際に映像を撮影するタイプの動画(PCで作成する動画も一部含む)の事例と、それをどうやって撮影するのかというポイントの解説です。ホワイトなものから、グレーなもの、ブラックなものまで色々な動画事例が紹介されています。

ところが、驚いたことに販売者の杉山健一さんの作った動画事例ではありませんでした。すべてYouTubeに投稿されている他人の動画を事例として解説しているものでした。一つだけ杉山さんの動画らしきものがモザイク処理で載っていましたが、お金を出して教材を買ったのにサンプル事例がモザイクで隠されるって・・・。

Youtube-Ads Capture Sheet CLUBの矛盾点

そんなYoutube-Ads Capture Sheet CLUB(YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム)ですが、ノウハウの基本コンセプトは、「特定のジャンルに特化した動画チャンネルを作らないで、単発動画の量産で収入を得ていく」というものになります。投稿者のキャラやチャンネルのブランディングに頼ることなく、動画内容のみで勝負していく手法です。

しかし、事例コンテンツで紹介されている動画にとんでもない矛盾が生じていました。第二章で紹介されている動画のほとんどが「人気チャンネル」の動画になっているのです。

一番多いチャンネルで90万人超え、一番少ないチャンネル登録数で200人(2014年1月1日時点)でした。この200人のチャンネルには動画1本しかアップされていませんので、唯一この200人の動画だけは純粋な動画の威力と言って良いと思います。

かと言って、これと同じ動画なら無名チャネルでも同じ結果が出せるのかと言うと、そういうわけでもありません。なぜなら、この動画は「奇跡の瞬間」を撮影したものだからです。これを狙って撮影するのは至難の業ですし、撮影する場所も撮影方法もグレーです。人目に触れないようコソコソ撮影する方法が紹介されています。

つまり、販売ページや教材内に再生回数や推定収益の目安が紹介されていますが、9割方は人気チャンネル運営者が投稿した動画だから出せる数字なのです。

人気チャンネルでなくてもどのくらい再生されて、どのくらい収益化できるのかを提示しないと本当に再現性があるのか図ることはできません。無名チャネルに同様の動画を投稿したところで、再生回数はゴミみたいな数字になります。実際に、教材内で紹介されていた事例と同じ動画を無名チャンネルに投稿した結果がこちらです。

2014年11月22日に6本の動画を一気に投稿して様子を見たのですが、1本あたりの再生数は初日10回ほどで、日を追うごとに再生回数は減っていきました。教材内では1つの動画で月800~900円稼げると紹介されていたジャンルでしたが、動画6本でもこの結果です。これが無名チャンネルの実力です。

販売ページで紹介されている内容が教材に書かれていない?

また、YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム販売ページのブレッド部分に書いてあることが、教材内に書かれていません。例えば、

Googleアナリティクスを利用した投稿動画のトレンド、再生動向を一目で判断し、把握していく動画解析&管理方法。

何ページに書いてあるのかわかりませんでした。

意外と明確に理解されていないYoutubeアドセンスにおける2つの広告収入とその先にある3つ目の「ほったらかし動画収入」それを確立させるおいしい仕組み。

普通「確立させる方法」が教材内に書いてあるのかと思いますよね。ところが、書いてないのです。YouTube側がやることなので、自分で確立させることはできません。

総再生回数の10%がおおよその広告収入になるという比率が今後、20%、30%台に上っていく極めて現実的な可能性とそれを見越した上での先周り戦略。

極めて現実的な可能性について何の根拠も示されていません。かつ、具体的な「先周り戦略」の説明も何もありませんでした。「今から実践しましょう」というだけのことでした。なお、広告単価は2014年12月以降下がっているという真偽不明の情報も出ています。(参考:動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く

ほんの一手間の簡単設定で動画に大きなインパクトを演出させ、再生回数さえも圧倒的に伸ばしてくれる「声出し」「顔出し」をしない動画作成には必須のお手軽無料便利ツール。

大きなインパクトの演出が何を指しているのかわかりませんでした。まさかWindowsムービーメーカーの基本機能のことではないと思います。また、再生回数さえも圧倒的に伸びるという事例も根拠も提示されていませんでした。

スマートフォンを使って動画を撮影し、投稿していく際の注意点!動画撮影時の位置情報がわかってしまうジオタグをしっかりと外していく方法。

どこに書いてあるのか見当たりませんでした。

需要、検索ボリュームの大きいキーワードから逆算して動画を作れば、どう転んでもその動画は「再生されやすい動画」に“しか”なりません。

そんなことあり得ません。例えば「妖怪ウォッチ」という旬で人気のキーワードで動画投稿しても、月30再生もいかない動画すら普通にあります。

グーグルのある無料サービスを使って信じられないほどの再生回数を長期的に稼ぎ出せるある不動の人気動画を量産していく方法。

何ページに書いてあるのか見当たりませんでした。

誰も詳しくは教えてくれないテレビで遊べるゲームの映像をキャプチャ動画にしていく具体的な図解ステップとその手順。

見当たりません。そもそもゲーム映像の撮影方法なんて、Google先生で調べればいくらでも出てきます。

検索エンジン対策にすこぶる強くなる、一流SEO対策業者の複合キーワード戦略に学ぶ、動画タイトルに有効な複合キーワードのリサーチ方法とその狙い打ちテクニック。

見当たりません。アフィリエイト初心者がやるようなテクニックはありましたが。

アカウントは1つに絞るべきか、複数分散するべきか。2つに1つ、それぞれのメリットを生かした2者択一の投稿動画戦略。

何ページに書いてあるのか教えてください。

人気関連動画の再生にあやかり、瞬発的、爆発的な再生回数を荒稼ぎする「サムネイル画像」の設定における3つのポイント。

3つのポイントが何なのかわかりませんでした。YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムを購入した人で「サムネイル画像設定のポイントはあの3つだな」と理解できている人いるのでしょうか?

本来であれば到底狙えないレベルの「ビッグキーワード」でさえ、Youtubeであればいとも簡単にその上位表示を狙えてしまうYoutubeの優位性を存分に引き出すキーワード対策

見当たりません。

そのキーワードが目に入ると思わずそこをクリックしてしまう・・・。人間心理の好奇心を突いた2~4文字の“訴求キーワード”活用法。

どこに書いてあったのか記憶がないです。

「実はこんなノウハウも必要です。」「こんなノウハウがあればもっと稼げます。」等と言って、バックエンド的な情報や教材を推奨する事は原則ございません。

嘘です。2014年10月発売開始から3ヶ月も経たない2014年12月に、新田俊介さんという正体不明の人物がノウハウ提供した「NICOTUBE(ニコチューブ)」なる教材を薦めてきました。

さらに、2015年3月には、販売元が株式会社バンザイの福田功さん、ノウハウは尾上雄二さんという、実態不明の人物が提供した「邪道YouTuber育成プログラム(エビルユーチューバー)」なる教材を薦めてきます。先行販売なのに、わざわざアドモール決済使うという意味不明な販売手法で。

とにかく、販売ページで紹介している内容が教材内にみつかりません。もしかしたら、どこかに書いてあるのかも知れませんが、私にはわかりませんでした。非常にわかりにくいです。ここまで販売ページと教材内容の整合性チェックに苦労する教材は久々です。

現時点においてYouTubeで稼ぐ方法とは?

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムの販売ページには次のように書かれています。

1カ月で月収3~6万円、2カ月目で6~12万円という、「継続的な収入源」を作っていく事が可能になります。これはハッキリ言って全く非現実的ではない極めて現実的な話です。

私は非現実的な数字だと思います。少なくとも私には無理です。もし極めて現実的だと言うなら、まっさらなチャンネルに単発動画を量産して、1ヶ月で月3~6万円稼げたアカウントを見せて欲しいです。人気チャンネルの事例ばかりで、今から作る無名チャンネルに単発動画を量産して稼げるのか釈然としないです。

アフィリエイトみたいに19年前から存在するビジネスモデルで、すでに鉄板手法が確立されているなら良いのです。読んだだけで判断できますので。ですが、まだ日の浅いYouTube AdSenseなのですから、ちゃんとそれで稼げる証拠を見せていただきたいです。そうしないと、本当に稼げるのか怪しくてやる気が削げます。

そもそも、YouTubeアドセンスの収益は「再生回数の10%」が目安と言われています。月1万回再生の人気動画を作れても、収入はたったの月1,000円です。こんな非効率的なことやってられないです。普通のアドセンスやったほうが10倍稼げます。ジャンルにもよりますが、普通のアドセンスなら月1万アクセスあれば月1万円くらい普通にいきますので。

結局、現状のYouTubeで再生数の多さを確認できる動画を大きくわけると、

  1. 自分をタレント化して人気YouTuberになる
  2. 動画内容をシリーズ化して人気チャンネルを作る
  3. 他人のコンテンツ(文章、画像、動画)をパクって著作権違反動画を作る

の3つに分かれると思います。1と3は私にはできません。やるとしたら2ですが、こんなことやっている暇があるのなら、私はアフィリエイトをやります。もしくは、普通のアドセンスをやります。先日、1クリック3,000円の広告がサイドバーに表示されていてビビりました。

一方で、博多華丸・大吉の漫才ではないですが「YouTuberになりたい」という願望がある人なら、そっちを目指しても良いと思います。愛するペットの可愛さを自慢したい人ならペット動画とかでも良いと思います。(戦略的にやらないと、人気チャンネルの二番煎じでコケる可能性が高いと思いますが)

ちなみに、私のアカウントで一番再生回数が多いのは↓この動画です。

2年8ヶ月かかって、再生回数6,400回です。AdSenseアカウントと紐付けていませんが、なんと「月20円」の不労所得収入が発生しています!

ということで、2015年1発目のレビューがYouTubeアドセンス教材になりましたが、ネットで収入を得るなら、自分で実践するにしても人におすすめするにしても、「アフィリエイト最強説」は揺るがないです。

めしおブログはあくまでも「アフィリエイト教材のレビューブログ」ですので、2015年もアフィリエイトに関する情報を中心に更新していきたいと思います。

本日のまとめ

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムは、人気チャンネルを作らないで単発動画の量産で稼ぐ手法なのに、事例として紹介されている動画は人気チャンネルの動画ばかりで、無名チャンネルで本当に同じように稼げるのか証明できていない内容だった。

この記事へののコメント

  1. 物販アフィのほうはどうなったのかな( ˘ω˘)

コメントを書く


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

めしおブログ売れ筋教材ランキング

  1. アフィリエイトファクトリー

    物販系サイトアフィリエイトのロングセラー鉄板教材。アフィリエイト経験者向け。

  2. アンリミテッドアフィリエイト

    取り寄せ型レビューアフィリエイトの鉄板教材。これからアフィリエイトを始める人向け。

  3. 信頼と実績のSEO「賢威6.2」

    ホワイトハットSEOの鉄板教材。検索エンジン経由の集客力を引き上げたい人向け。